国際景徳鎮試験場

会員おしらせ

山の手入れ再開

f:id:jingdeguoji:20200904124901j:plain

カモシカ

一時は畑が広がっていた斜面がいつの間にか鬱蒼とした森に。

震災直後それを伐採して二三年での画像。これがあっという間に林になり森になりつつあります。特に切株からの脇芽の成長の早さは想像以上です。

f:id:jingdeguoji:20200904125420j:plain

試験場の秋

北上山地の山懐に抱かれて春夏秋冬大変なこともありますが、やはり自然の中での生活は焼き物の生産には欠かせない環境です。

薪をはじめ原材料の調達先でもありますし、絵付け部隊には生きた素材を観察する絶好の場になります。

今まで写しだけしていた人が、何年もかけてじっくり花でも鳥でも生きものの生命感あふれる瞬間を体得していきます。

そして余白の季節の静けさ。

やはり放置していた山をもっと大切にすべきだとおもい、予算をとって手入れを再開することにしました。