国際景徳鎮試験場

会員おしらせ

再開します。

先月から突貫で資料を探して買いまくりましたが、研究がひと段落しましたので投稿再開いたします。ご紹介したい書籍などいろいろ溜まっています。

景徳鎮にストックの新作は政府の規制がかかって唯一動いている運送会社も茶器以外の出荷のみということで当分アウトです。昨年の正月にぼんやりと2年は動かないかなと思いましたが、そうなりそうです。幸いと内需が好調で、試験場の維持だけなら在庫で10年は維持できるだけありますのでこのままある物で販売を続けます。

同時に日本の試験場で生産してきた景徳鎮胎への絵付けを本格化させます。